外壁塗装はなぜ必要?しないとどうなる?

外壁塗装のメリットはどうしても感じにくい部分があります。
そのため、「本当に必要なのか」と外壁塗装に対して疑念を抱く方も少なくありません。
外壁塗装はどうしてもしなければならないものなのでしょうか。

結論としては、外壁塗装をしたほうがコストパフォーマンスは高いと言えます。
必要かどうかの是非についてはやはり人によって異なりますが、外壁塗装は建物を長く保つためにも検討したほうがいいでしょう。
今回は外壁塗装がなぜ必要なのかについて、ご紹介したいと思います。

■外壁塗装が必要な理由

外壁塗装はほとんどの外壁に必要とされています。
要らないとされている外壁はタイル張り・レンガ・樹脂系サイディングのごく少数の壁しかありません。
これらの外壁も完全にメンテナンスフリーというわけではなく、約10年ごとに塗装とは別のメンテナンスが必要です。そのため、メンテナンスという大枠でとらえるなら、外壁塗装は建物としての機能を保つためにも不可欠な工事と言えるでしょう。

では、具体的な理由についてご紹介します。

・建物を劣化から守るため
外壁は太陽による紫外線や風雨に絶えずさらされています。
そのため、時間がたつにつれてその耐久性がどうしても低下していくことに。
耐久性が落ちた外壁はひび割れが生じたり、シーリングがひび割れたりで、雨水が壁内に浸入しやすい状態になります。浸入した雨水は壁内の躯体や断熱材に影響を及ぼし、木材なら腐食、鉄骨ならサビが生じて徐々に耐震性が低下していくことになるでしょう。
このような雨漏りが起きたからといって、すぐに家が倒れるわけではありませんが、地震や台風が起こると外壁の一部が剥がれるなどのリスクは高まるでしょう。
これらの自然災害発生後は工務店が壊れた家の補修工事に追われるため、直したくても予約が取れず、数か月も隙間風に我慢しなければならない事態もあり得ます。そのような困った状況に陥らないためにも、必要な工事と言えます。

・補修作業が含まれるから
外壁塗装という名前のため塗装の印象が強いですが、実は外壁の補修工事も含まれています。
たとえば、ひび割れを補修して悪化を防いだり、サイディングのつなぎ目であるシーリングを打ち直して穴を埋めたりです。
塗料による防水も必要ですが、このような補修によるメンテナンスも建物を長く住めるよう貢献してくれます。
新築建物の保証期間は約10年とされているため、外壁の寿命が約30~40年だとしても、10年過ぎたその後に何もしないのは心もとないでしょう。

素人目には問題ないと思っていても、職人の目からすればこのようなメンテナンスを一刻も早くしたほうがいいこともあります。ひとまず、築10年がたっているなら現地調査を依頼してみてください。

・美観性の向上
外壁塗装は汚れた外壁を掃除し、上から新しい塗料を塗るので、外観が美しくよみがえります。
外壁は防水性が落ちると、水を弾かなくなるので汚れを流しきれず、壁が汚くなってしまいます。水辺の近くや日当たりの悪い場所はカビやコケが生えることもあるので、場合によってはせっかくの我が家がみすぼらしく見えてしまうでしょう。
外壁塗装は以前とは違う外壁の色にすることも可能なので、新築時の外壁の色に不満があったら、それを解消することもできるかもしれません。

・資産的価値の継続
住宅の売却時には、やはり外観の美しさがポイントになることが多いです。
雨漏りには告知義務があるため、もし仲介業者や購入者に黙っていると、契約の破棄や修理代の差し引きなどが発生するでしょう。この告知義務は修繕工事やリフォームで雨漏りが解決していても発生します。

そう考えると、外観がきれいというのは手入れが行き届いているという証拠になりますし、買う側としても安心材料になります。
売却は考えていないとしても、将来的に今の家を持つことになるかもしれない子どもたちが対処しやすいよう、動くことも大事かもしれません。

■外壁塗装をしなかったら起こること

外壁塗装を見送った場合、どのようなことが起こりうるでしょうか。

・外壁の張替え工事、建て替え工事が必要に
外壁をそのままにしてしまうと、紫外線や風雨による劣化が早まります。
結果、外壁としての機能が低下してしまい、雨水が壁内に浸入してくることに。そうなると壁内が徐々に脆弱になり、耐震性に影響が出ます。
この雨漏りが深刻になると、外壁塗装や補修工事では解決することができないので、外壁材を剥がすしかありません。
そうなると、高額な工事費用を負担しなければならないでしょう。

・害虫の侵入
ひび割れが大きくなったり、シーリングが剥がれたりすると、壁に隙間ができます。
そこからシロアリやゴキブリなどの害虫が入り込んでしまう心配があるでしょう。
シロアリは腐った木材を好むため、雨漏りで知らずのうちにダメージを負った木材が餌になってしまうと、躯体が弱くなってさらに劣化が早まります。

・隙間風が入ってくる
外壁に穴が空いている状態だと、外気温が室内に入り込みます。
すると、室内の気温が適温を保てないため、風邪を引くなどの健康被害が引き起こされるでしょう。
高断熱の建物でも、節約できたはずの光熱費が余分にかかってしまう懸念もあるので、電気代の高騰や節電に悩んでいるなら外壁塗装を検討するといいかもしれません。

■まとめ

外壁塗装はメンテナンス工事の一つです。
怠ってしまうと、さまざまな面においてデメリットがあるでしょう。
築10年を迎えた建物をお持ちでしたら、検討しても損ではありません。

長谷部塗装は甲府市・甲斐市を中心に山梨県、長野県(一部エリア除く)にて、各種塗装工事を承っております。
国家資格の一級塗装技能士を有した職人が工事を行いますので、仕上がりには高い自信があります。
外壁の無料診断を行っていますので、ひとまず外壁の状態は知っておきたい、という方でもお気軽にお問い合わせください。

お見積り・外壁相談・ご相談はコチラ>>

当ブログでは、今まで行ってまいりました塗装工事について紹介しておりますので、よければこちらも参考にしてみてください。

施工事例>>

▼お見積もり・ご相談▼

【お問い合わせ】090-8027-1011
【受付時間】8:00~21:00
【定休日】日曜日
【メール】こちらのフォームよりどうぞ≫
【対応エリア】甲府市・甲斐市を中心に山梨県、長野県(一部エリア除く)


一覧ページに戻る